製品

石灰窒素とは

石灰窒素とは

EU諸国で承認された石灰窒素は環境にやさしく多目的に応用できる肥料です。
石灰窒素”ペルカ”は1986年12月に日本でも肥料登録及び農薬登録の許可を取得しました。

石灰窒素は特に作物の成分であるカルシウムと窒素分を作物に確実に供給します。
また雑草の発芽及び幼少雑草の防除等多機能的な効果があり、雑草及び土壌病害虫の繁忙を軽減します。

開発の歴史

石灰窒素の歴史

1895年、ドイツ連邦共和国のA.フランク、N.カロ両博士が大気中の窒素とアルカリ土類カーバイドを統合させることに成功しました。

カーバイドを、ロータリーキルン中に投入し、1,100℃の温度で窒素ガスと反応させて石灰窒素を製造します。
石灰窒素は当初無機肥料(窒素質肥料と石灰肥料)としてのみ使用されておりましたが、後に雑草の防除をはじめとする多機能的効果が立証されました。
石灰窒素は土壌中で段階的に分解される為に有害成分の流失の危険性がなく環境及び作物の生育にやさしい優れた製品と言えます。
石灰窒素は100年以上の実績を有する農業及び園芸分野の信頼できるパートナーです。

製造工程

石灰窒素の原料は 石灰石、石炭及び空気中から分離した窒素ガスがすべてで、天然の原料が基となり、近代的な環境にやさしい下記製法で製造されています。

石灰窒素は下記の工程により製造します。

工程 1: 生石灰の製造

石灰石 (CaCO3)を生石灰( CaO )に還元します。

工程 2: カーバイドの製造

石灰石と石炭の混合物をカーバイド炉に投入し電極放電で得られる2,000℃以上の高温下でカーバイドを作り、溶融したカーバイドは冷却固化した後粉砕します。

工程 3: 石灰窒素の製造

微粉砕されたカーバイドは、ロータリーキルン中で1,100℃の温度で窒素ガスと反応させ石灰窒素となります。
この製造工程中でカーボンが遊離しカルシウムシアナミドは黒色となります。
次にカルシウムシアナミドは粉砕され粉末になります。
この粉末状のカルシウムシアナミドに硝酸石灰水溶液(CaNO3)を添加し粒状石灰窒素”ペルカ”を製造します。

特性

石灰窒素の物理的化学的特性

EU諸国のみならず日本において農薬登録及び肥料登録の許可を取得している”ペルカ”(PERLKA®)は2種類の製品があり、その特性は以下の通りです。

化学的性質粒状ペルカ防散ペルカ
窒素全量 19.5% 21.0%
内硝酸性窒素 1.5% -
シアナミド窒素 >15.1% >19.5%
アルカリ分 (CaO)* 登録上、混合窒素質肥料に該当するので、
アルカリ分の保証は不必要ですが、
分析の結果 >52%を含有
>55.0%
物理的性質
性状 灰黒色
粒状
灰黒色
粉状
かさ密度 1000kg/㎥ 1000kg/㎥
粒径 0.3 ~ 3.0mm 0.01 ~ 1.0mm
荷姿
20 kg 包装 20 kg 包装
品質

石灰窒素の純度および品質保持には、天然原料の選択が非常に重要です。
弊社は最終製品の高品質を維持する為に、サンプルを抜き取り、ドイツ工業会の農業分析及び研究協会の研究室にて外観と成分を測定しております。

混和生

”ペルカ”は他の肥料と混和して使用することが可能です。

石灰窒素と他の肥料を混和する時は、次の点に留意してください。

  • アンモニア性窒素を含有する肥料との混和は避けて下さい。
  • 水溶性りん酸を混合した場合は、そのまま放置せず、すぐに施肥して下さい。
  • 吸湿性肥料と石灰窒素を混合すると、すぐに塊ができるので混合をさけてください。
  • かさ比重及び粒径の似通った混合相手が適切です。

石灰窒素と他の肥料との混合の可否

肥料名混合及び貯蔵が可混合後すぐに施肥混合不可
りん酸の原料
硫酸加里、塩化加里
硫酸苦土加里
トマス加里
珪酸加里
熔燐
炭酸カルシウム
珪カル
消石灰
骨粉、草木灰、魚粕
植物油粕等の有機肥料
尿素
硝酸石灰
重過燐酸石灰
過燐酸石灰
リン酸ニアンモン
硝安 ×
硫安 ×
硫安、アンモニアを含む
複合肥料
×
保管
  • 吸湿性があるので、乾燥した場所で密閉して保管してください。
  • 引火性物質と同じ場所に保管しないでください。
  • 燃焼や可熱性物質との保管を避けてください。
  • アンモニア性物質及びアンモニアを含む肥料とは別けて保管してください。
使用上の注意